センター試験の対策

センター試験の対策

大学受験、ひいては人生を左右するかもしれないセンター試験まで何とかして成功に漕ぎ着けたいと願う人は多いでしょう。それではセンター試験への対策について、どのような勉強を心がけていけば良いのでしょうか。

 

まず試験に出題される問題は、どの科目に関しても、基本的な問題が主になります。つまりマークシート方式を採用しているため、捻った問題を出し難いという特徴があるのです。

 

そのため、教科書や参考書の中でも基本的な知識に焦点をあてた勉強が最適とされ、幾つもの過去問題を解くことによる慣れが重要とされているのです。同時に英語などであれば、英単語を出来る限り暗記する、文章の構成能力よりも、こちらの方が優先されることを頭に入れておきましょう。

 

また科学や数学など、突き詰めていけば非常に奥が深い科目ですが、これらは広く浅く勉強することが一番の対策となります。先ほども述べたように基本的な問題が殆どとなるセンター試験は、模擬試験を通して出題傾向を調べても、やはり捻った問題は一つもないのです。自分の得意な分野であれば、深い知識を得るのにもそれ程苦労はしませんが、試験には必要としていないことを忘れないで下さい。どちらかと言えば苦手な科目を浅く把握すること、試験が近くなってきたら、最終的な対策としてこちらを優先すると良いでしょう。

 

ただし、センター試験が終わってからの二次試験を考慮すると、二つの試験の間はそれ程長いわけではありません。希望する大学に満足とされる点数がとれているのであれば、敢えて二次試験用の勉強を続けていくのも一つの手段です。

 

このようにセンター試験には広くて浅い知識と、模擬試験を通して慣れることで問題を解くスピードを上げることが必要になってきます。マークシート方式ですので、時には運に助けられることもあると思われますが、しっかりとした事前対策こそが点数アップに繋がるでしょう。

 

半年と言わず1年前から、徐々に勉強を開始することが大切です。


オススメ予備校の紹介ページ

【特選オススメ情報】

Z会とアドセンス広告


アドセンス広告