AO入試の対策

AO入試の対策

AO入試という、大学受験方式をご存知でしょうか。推薦入試や、指定校入試とも異なった、新しい形の大学受験方式です。

 

正式名称は「Admissions Office試験」といい、アメリカやイギリスなどが発祥の方式です。最近では、このAO入試を採用する大学急速に増えており、その対策を考えることも必要になってきています。

 

そもそも、どういった内容の受験方式かといえば、出願者自身が自分をプロデュースし、大学側の掲げる理念やポリシーにあった人物像であることをアピールするというものです。大学受験といえば、推薦入試でも一般入試でも学力を試験を行うのが普通でしたから、それに比べると新しい形式の受験であることがわかるでしょう。

 

大学側は当然、大学の欲するような自分であるかを入念に見定める場として、試験を実施しています。つまり、学力云々は当然として、大学を象徴するような人物、もっといえば大学のポリシーに基づいて将来有名になりそうな人物のセレクションとも言い換えることができるでしょう。

 

この方式では、出願者側は一般入試のような学力重視の試験のために労力をかけずに済み、大学側としてもブランド力をあげるための学生を選ぶことができますから、双方にメリットがあります。Yesマンの多い日本人には向かない試験形式だという声もありましたが、近年においては実に600校以上の大学で実施されており、その有用さが注目を浴びているのです。

 

AO入試は、どれだけ自分がその大学の理念に通じているのかをアピールしなければなりませんから、その対策法は一般入試とは別ベクトルのものです。基礎学力は必要ですが、それ以上に「表現力」が試されることになります。

 

簡単にいえば、面接です。AO入試の面接においては、試験管の質問にセオリーはないといってよいでしょう。

 

ですから面接の対策としては、いかに信念を固めているか、いかに信念に基づいた受け答えが明朗にできるかにかかっています。


オススメ予備校の紹介ページ

【特選オススメ情報】

Z会とアドセンス広告


アドセンス広告