大学受験の一般入試

大学受験の一般入試

大学受験の一般入試は、国公立大学と私立大学とでは若干異なります。まず国公立大学を受験する場合、一般入試では受験生全員が「大学入試センター試験」を受けるということが課せられています。

 

そしてこのセンター試験の成績に応じて、各大学の2次試験への大学受験資格が得られるという仕組みになっています。国公立大学の一般入試の場合、2次試験の受験資格には一定のラインが設けられている場合が多く、センター試験の成績が大きく影響することとなります。

 

希望する大学への受験資格を得るためには、事前にその大学に必要となるセンター試験のスコアを確認してから、受験勉強を行うことが大切です。つまりセンター試験の成績次第で、2次試験を受験できる大学が決まってしまうということになるのです。

 

大学受験の2次試験は、国立か公立かによっても受験できる回数が異なります。国立大学の場合では基本的に前期日程と後期日程の2回のみで、公立大学の場合ではさらに中期日程というものが設けられています。

 

ですから国立大学では2回、公立大学では最大で3回の受験チャンスが設けられているということになります。ただし最近では国立大学の間で前期日程のみに一本化をするという動きがあり、後期日程が廃止されているという大学もあるため注意が必要です。

 

また公立大学でも、中期日程を設けていないという大学が多いため、事前に確認をしておくことが大切です。いずれにしても、大学受験は前期日程での合格を目指すことが賢明だと言えます。

 

そして私立大学の一般入試では、国公立大学のようにセンター試験を利用した選抜方法を取り入れている大学が多く、センター試験の成績のみで合否が決定するという場合もあります。他には少科目試験や、得意科目重視型試験などを行う大学もあります。

 

大学受験は志望大学やその大学の選抜方法によって入試内容が異なるため、希望する大学と受験方法を決めてから受験対策を行うことが重要となります。


オススメ予備校の紹介ページ

【特選オススメ情報】

Z会とアドセンス広告


アドセンス広告