予備校の少人数形式

予備校の少人数形式

少人数の予備校というと、どれくらいの人数の授業をイメージするでしょうか。小学校や中学校での授業では、30人から40人程度の人数で授業をうけます。

 

一般的な学習塾や予備校であれば、それ以上の人数となることも珍しくありません。しかし、わざわざ少人数を謳っているのですから、学校の授業よりは少ない人数をイメージするのではないでしょうか。

 

一般的に「少人数制」を謳っているところでは、15人以下での授業をおこなうところが多いようです。人によって見方は違うでしょうが、それくらいの人数であれば1人の講師で目が行き届くということの表れなのでしょう。

 

そういった予備校は「個別指導」を謳っている予備校がほとんどで、近年では増加傾向にあるようです。では個別指導は、受験生に対してどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

そのメリットを説明するために、先に少人数制の種類を説明しましょう。ひとえに少人数といっても、そのシステムにはいくつか種類があるのです。

 

1つ目は、15人以下の予備校生に講師が1人付いて、学校の授業と同様に講義を行うシステムです。一般的には、5人から10人程度の人数で行うことが多いようです。

 

この講義のメリットは、人数が少ないために個人が質問しやすく、講師側としても生徒の理解度を確認しながら授業をすすめることができることでしょう。学校の授業をよりアットホームにしたようなものと考えていいかもしれません。

 

2つ目は、基本的にはテキストなどを利用して自習の形で授業を進め、わからないところを講師に聞くタイプです。人によってはテキストを読み解く方が効率よく学習できる方もいますから、そういった方には適した学習システムでしょう。

 

3つ目は、個人の学力に合わせたカリキュラムを組んで、そのカリキュラムによって授業をうけるタイプです。授業形式は大人数の場合もありますが、なかなか理に適った方法であり、間違ってはいないでしょう。


オススメ予備校の紹介ページ

【特選オススメ情報】

Z会とアドセンス広告


アドセンス広告