センター試験の英語

センター試験の英語

センター試験の中でも出題範囲が広く、行き詰ってしまう人も多い英語は、どのような勉強が望ましいのでしょうか。それではセンター試験に出題される英語に関して、詳しく見ていきましょう。

 

まずセンター試験はマークシート方式、英語であっても例外ではありません。出題形式は筆記200点満点とリスニング50点満点に分かれており、それぞれに採点と平均点の算出も行われます。

 

前者の筆記の場合、基本的には長文読解や英単語等の基礎知識が出題範囲となっています。ではこれらの問題を解く際に、何が重要になってくるのでしょうか。

 

英語と言っても語学の一つで、分からない単語が出題されても、前後の文脈によってはある程度の内容が把握できるのです。つまり国語としての読解力を身に付けること、これが高得点をマークする秘訣と言えるでしょう。

 

逆に言うと、単語や文法の能力が高かったとしても、本を読んで中身を理解する力がなければ、適切な回答を返すことが出来ないのです。もちろん読解力を支えるためにも英単語の勉強は重要ですが、長文の読み取り方、リーディングの力を重視して勉強していきましょう。

 

続いてリスニングの場合、筆記に比べて点数は低いですが、その分1問でも間違えてしまうと、点数が大幅にダウンしてしまいます。そして何度も問題を聞くことは出来ませんので、出題された文章を聞き逃してしまうと、もう運以外に頼るものはなくなってしまいます。

 

筆記から続く長丁場の試験で集中力を切らさないこと、これが何よりもリスニングには欠かせないものとなるのです。模擬試験や過去問題を繰り返し挑戦して、集中力を切らさない「慣れ」を身に付けられるように努力しましょう。

 

年々センター試験の問題は複雑化しており、中でも英語はこれからの社会に必要な学問でもあるため、難しさは他科目の比ではありません。自分にとって難しいということは、他の受験生にとっても悩みの種であるということ、対策を怠らずここで差をつけてみてはいかがでしょうか。


オススメ予備校の紹介ページ

【特選オススメ情報】

Z会とアドセンス広告


アドセンス広告