HOME > 予備校の料金・費用

予備校の料金・費用

希望の大学に合格するためには、効率よく勉強することが求められます。難関大学を目指している方や国公立大学を目指している方は特に、その傾向が強くなります。

そうなってくると、参考書などを基に独学で勉強するのにも限界があるでしょう。それなりに料金・費用はかかりますが、やはり予備校に通うのが最善の方法です。

高等学校の教師と違い、講師は大学受験の専門家です。有名な学校ほど、有能な講師が揃っていますが、それだけ1講義あたりの料金・費用もあがりますから悩みどころでしょう。

今の時代、自分でアルバイトをして予備校の料金・費用を賄っている、という方はほとんどいないでしょう。大概の方は、親に出してもらったり、奨学金を借りたりしているのでしょうから、なるべく安く済ませられればそれに越したことはありませんよね。

料金体系は予備校によってさまざまですし、受講数が増えれば増えるほどその分高くなります。また、多くの場合、入学金が必要になりますから、安く済ませたいとは思っていても現実的にはなかなか難しいというのが現状です。

では実際、どの予備校の料金・費用はどのくらいかかるものなのでしょうか。大学受験までの約一年間通うとすれば、最低でも数十万円、高ければ百万円を超えることもあるようです。

有名なところでの料金を紹介してみましょう。河合塾では、まず入学金が7万円ほどかかります。

あとは受講するコース次第となりますが、国公立文系では395,000円、私立文系では380,000円から400,000円程度かかります。入学金とあわせると、500,000円弱かかるということになります。

もうひとつ、代々木ゼミナールの料金体系を紹介しましょう。入学金が100,000円、授業料は600,000円から630,000円程度のコースが多いようです。

こちらは約700,000円かかりますから、予備校選びは慎重におこない、入学したら真剣に学ばなければなりませんね。

Z会とアドセンス広告

アドセンス広告

ページトップへ