大学受験のAO入試

大学受験のAO入試

最近では日本の大学受験制度でもAO入試制度が取り入れられるようになってきました。A0入試制度は、もともとはアメリカで取り入れられていた大学受験制度ですが、日本でも注目されてきています。

 

AO入試とは「アドミッションズ・オフィス入試」の略称で、従来の学力で入学を判断する大学受験制度とは異なり、本人の目的意識や将来の学習意欲を重視するとともに、大学の求める学生像に適合する人材を受け入れることを目的とした制度です。

 

日本ではまだ明確な定義はないので、各大学独自に判断基準をもちながら取り組んでいるのが実情です。学力での判定ではないからといって安易に受験すると、入学後の学力レベルについていけなかったり、本来の自分の目的とする専攻科目がなかったりするケースもありますので、しっかりとした将来像と学習意欲を持つことが大切です。

 

AO入試による大学受験の方法は、各大学により多少の違いはありますが、一般的にはエントリーシートを提出後、正式な出願となり、書類審査のほか面接や小論文などを行う大学が多いようです。書類審査は一般的な就学過程の状況や、特別活動など学生生活の状況が記載され、受験では基本的な事項となります。

 

面接や小論文は、志望大学に対する理由や学習意欲、将来的な展望などが判断材料となりますので、事前に材料をまとめておくことが大切です。小論文ではテーマに対して、説明論述型と解読意見論述型があり、どちらにしてもテーマに対して何を説明したいか、自分はどのような意見なのかどを明確にわかりやすく論述することが必要です。

 

特に志望学部のテーマに関する際は、志望の理由や動機、今後の学習意欲と将来の就職への展望などを伝えましょう。また、大学で求める学生像に対して、自分の関わりと意欲を伝えることも大切なことです。

 

この制度には目的と意識をしっかりと持ち、大学の求める学生像に適合すれば入学が可能となることで、将来の有望な人材を育てる大きなメリットがあります。


オススメ予備校の紹介ページ

【特選オススメ情報】

Z会とアドセンス広告


アドセンス広告